タイでの生活

タイの田舎暮らしの実態

カラシンでの生活

タイの田舎暮らしの実態

タイといえばバンコク、パタヤ、プーケット、チェンマイ

王道バンコクの移住の穴場チェンマイ

この辺りは発展していて日本とほぼ変わらない暮らしができます。

ではもっと田舎に行くとどうなるのか・・?

今回紹介する街は「カラシン」です。

なぜカラシンなのか、ずばり嫁の実家があるからです。

そんなカラシンでの生活実態を紹介します。

カラシンとは

カラシンはタイのイサーン(東北部)に位置し、バンコクからは車で8時間-10時間。飛行機を使えばバンコクからコンケーンまで1時間。コンケーンから1時間車を走らせた場所です。(場所にもよる)


イサーン(東北部)の中核都市はコンケーンやウドーンターニー。

コンケーンは、タイ航空(タイスマイル)、ノックエア、エアアジア、ライオンエアが就航しているので、行こうと思えば簡単に行けます。中心部に行けばセントラルプラザコンケーンなどのデパートやBIG Cもあり、Pullmanのホテルもあります。

そんなコンケーンの右隣に位置するカラシンは、これといった観光資源がなく県内のほとんどが山地というのどかな田舎街です。

数少ない観光スポットは「Sirindhorn Museum」という恐竜博物館、「Phrathat Yakhu」という古代の塔ぐらいでしょうか・・これなら埼玉の方が観光スポット沢山あると断言できます。

カラシンへの行き方

基本的に車がないと行くのにハードル高い場所です。

基本はバンコクから乗り合いバンで行くか、飛行機でコンケーンまで行き、コンケーンでレンタカーを借りていきます。

カラシンの生活

カラシンの家

カラシンにあるのは住まいは基本一軒家です。(コンドを見かけたことがない)

土地が有り余っているのか基本的に家が大きいのですが、簡素なつくりが多いです。

嫁の実家に関していえば、お隣や向かい、はす向かいなど親戚が集まって住んでるようです。僕が行くと日本人が珍しいのか、30人ぐらいが一同に帰すので、名前はもちろん未だ関係性がよくわかっていません。

カラシンでの日常生活

日常は車がないと何もできません。
よって車かバイクで移動する人が多いです。中学生みたいな学生が3人乗りしてる光景をよく見かけるので、車やバイクは必須なのでしょう。

つまり足がなければ1日中家で過ごすというのがカラーシンスタイルです。タクシーなんて走っていません。

カラシンでの買い物

僕がコンケーンからレンタカーを借りていくと、ここぞとばかりに買い出しに付き合わされます。

もちろん大型スーパーやショッピング施設などなく、幹線道路沿いに銀行や商店が密集しているエリアがあるので、この辺りで全て済ませます。

カラシンでの生活

町内には銀行が1つしかないので、いつ行っても窓口・ATM共に並んでいます。

カラシンの物価

物価はやはりバンコクより安く、大きめのフライドチキンは20バーツ、一食30-40バーツ程度です。買い物するにも買い物する場所がないので、カラーシンにいるとほぼお金を使いません。

カラシンのお風呂(シャワー)事情

カラシンに泊まって1番しんどいのはお風呂です。もちろんお風呂はなくシャワーもありません。ではどうしているのか・・?

湯舟に水が張ってあって、それで流すので。そう、お湯は出ません。

タイは年中暑いから問題ないと思うかもしれませんが、ここはタイの東北部。
1月の夜となると15度ぐらいの日もあります。
ロンTで少し物足りないぐらいの中、水を浴びるのは修行感覚です。

もちろん嫁や嫁の家族はずっとその暮らしをしていたのでへっちゃらです。むしろバンコク帰ってからも、ほぼ水に近いシャワーを毎日浴びています。嫁が熱湯嫌いの理由がこれでわかりました。

見てわかる通りトイレは水で流します。
水栓ではありません。

よって水道ではなく水を汲み置きしておいて手を洗います。もちろん汲み置きするための蛇口は存在します。なぜ蛇口を基本使わないのかは未だなぞです。

家族揃って食事

食事はバンコクと違ってマーケットに行けないので、内食中心です。外食したことはありません。調理済みの料理を買っても家で家族みんなで食べます。

食事は家庭によって違いますがイサーン料理が中心です。基本辛い。マイペッと言われて食べても普通に辛いです。よって健啖家が多いので酒強い人が多いです。

テーブルは使わずござ引いてその上で料理並べて食べるスタイルです。

外食しないというかできないので、料理できる人が多いです。

バンコクだと内食より外食の方が安上がりなので、料理しない人が多いですがこの辺りはバンコクとの大きな違いです。

英語はバンコクより通じない

カラシン辺りになると英語ができる人が結構減る。なぜなら外人をあまり見かけないから。コーンケーン辺りならちょこちょこファランを見かけるがカラシンでは見かけたことがない。逆に僕がマーケットに行くとジロジロ見られるぐらい・・ここがバンコクとの大きな違いだと思う。もちろん日本人ブランドは通じて、嫁の親戚に日本人で良かった。中国人なら・・的な話をされたことがある。

とまあカラシンの生活を簡単にまとめてみましたが、日本人が長期滞在するとなるとハードルが高いです。

・日常生活の足が必要

・娯楽はほぼない

・水浴びは結構しんどい

ただのんびり数日訪れるには最高の場所です。